米大統領選で勝利したDonald Trump氏が、米AppleのTim Cook最高経営責任者(CEO)に米国内での製品製造を要請していたことが米New York Timesのインタビューで分かったと、複数の米メディア(Re/codeやMacworldなど)が報じた。New York Timesは現地時間2016年11月22日に実施した同インタビューの全内容をWeb版で公開している。

それによると、Trump氏は選挙で次期大統領に決まった後、Cook氏から1本の電話を受けとった。その際、Appleが米国に1カ所、あるいは多数の大規模工場を置いて、国内で生産するようCook氏に求めたという。さらにTrump氏は、企業へのインセンティブとして、大規模な減税や規制緩和を検討していることを強調した。

Trump氏は選挙期間中、Appleが長年にわたって主力製品の「iPhone」を中国で製造していることを批判し、「Appleに国内で製品を製造させる」と発言していた。米The Vergeなどは、Trump氏に電話をかけたかどうかも含めてAppleに問い合わせたが、まだコメントを得られていない。

またTrump氏は、米Microsoft共同創業者のBill Gates氏から電話をもらったことも、同インタビューで明かしている。