ダイキン工業とNTT西日本は2016年11月15日、空調機をLPWA(Low Power Wide Area:省電力・長距離の通信を実現する省電力広域無線通信の呼称)に接続するフィールドトライアルを実施すると発表した。

 NTT西日本は、2016年6月にLPWAネットワークを活用したフィールドトライアルを開始し、様々な分野のパートナーとのコラボレーションを通じてIoTにおけるLPWAの活用シーン創出に取り組んでいる。今回のトライアルは、ダイキン工業の技術開発コア拠点であるテクノロジー・イノベーションセンターなど西日本エリアに設置されている空調機をNTT西日本のLPWAに接続し、各空調機の稼働状態や屋内外の空間情報を常時監視する。両社は、「IoTを活用した空気にまつわる新たな価値づくり」を目的にトライアルを実施する。

 現行の空調機の遠隔監視システムは、空調機を電話回線に接続し、1日に1回あるいは故障発生時のみ監視センターと通信する。LPWAを使うことで、すべての空調機と遠隔監視センターを常時接続することが可能となる。そこで、「LPWAを活用した空調機の状態監視サービスに求められる機能、運用方法」を検証していく。

 さらに、空調機は室内機と室外機で構成され、それぞれが運転制御のために屋内外のセンシング情報を取得している。LPWAを使ってこれら装置と常時接続することで、空調機がセンシングした屋内外の空気の温度や湿度、風の強さ、清浄度などの各種情報を利用した新たなサービスの創出に取り組む。屋内外の空気環境の正確なリアルタイム情報・予報サービスなどのサービス開発に加えて、これらの情報をオープンに取り引きして新たな価値創造の協創を目指すという。