米アップルが提供する日本版Apple Payが利用可能になった。同社は2016年10月25日午前2時ごろに、日本版Apple Payに対応したiOSの最新版「iOS 10.1」の正式配布を開始。さらに午前5時ごろにWalletアプリを更新し、Suicaカードやクレジットカードなどの読み取りに対応させた。iPhone 7、iPhone 7 Plusで利用できるほか、Apple Watch Series 2もOSの更新で利用できる。

 アップルが公開した、iOS 10.1で利用可能になるApple Pay関連の機能は以下の通り。

  • 日本で発売されるiPhone 7とiPhone 7 PlusでApple Payが利用できるようになり、店舗、App、Webサイトでクレジットカードやプリペイドカードでの支払いが可能
  • 日本全国で、Suicaによる交通機関や店舗での支払いに対応
  • Apple Payを利用して、WalletでSuicaにチャージしたり、定期券を更新することが可能
SuicaカードをiPhone 7 Plusの下におき、カードを読み込ませる
[画像のクリックで拡大表示]
Suicaカードの下4けた番号を入力
[画像のクリックで拡大表示]
JR東日本の利用規約に同意する
[画像のクリックで拡大表示]
iPhone 7 PlusがSuicaカード情報の読み出しを開始
[画像のクリックで拡大表示]
読み出し完了。Apple PayでSuicaカードが利用可能になる。チャージなどにも対応する
[画像のクリックで拡大表示]
クレジットカードの登録では、Apple IDに登録済みだった三井住友カード発行「ANA VISAカード」がすぐに登録できた。
[画像のクリックで拡大表示]
加えて、イオン銀行発行の「イオンカード」(VISAブランド)も登録できた。こちらはSMS認証または電話によるアクティベーションが必要
[画像のクリックで拡大表示]
セブンイレブンのレジで「iDでお願いします」と宣言し、198円の牛乳を購入
[画像のクリックで拡大表示]
JR東日本の駅改札も通過できた
[画像のクリックで拡大表示]