民泊サービス大手の米エアビーアンドビー(Airbnb)は2016年10月20日、岩手県釜石市と観光促進に関する覚書を締結した。同市を中心にした三陸地方での民泊普及、観光新興のマーケティングや災害時の宿泊施設の確保などに取り組む。同社が国内の自治体と覚書を結ぶのは初めて。釜石市との取り組みをきっかけに、大都市以外の地方へのインバウンド(訪日外国人)などの地方への誘客を支援する。

米エアビーアンドビーのジョー・ゲビアCPO(右)と釜石市の野田市長
[画像のクリックで拡大表示]

 来日したエアビーアンドビーの共同創業者であるジョー・ゲビアCPO(最高製品責任者)と、釜石市の野田武則市長が覚書に調印した。釜石市は2019年に日本で開かれる予定のラグビーワールドカップの試合会場の一つがあり、開催期間中の宿泊施設の不足が懸念されている。野田市長によれば、釜石市の宿泊施設は1000件あまり。岩手県全体でも1万件に満たないという。開催期間中には3万人近くが訪れると試算している。

 ゲビアCPOは「釜石市の魅力を発信すれば、世界中の訪問者をひきつけられる。ワールドカップの先も見越して、観光振興や地域活性化の可能性を発掘したい」と語った。

 野田市長はエアビーアンドビーと手を組む意義として、同社が掲げる「暮らすように旅をする」という理念と、災害時の宿泊施設確保の手段という、二つの特徴に共感したという。「これまで我々が持っていなかった視点であり、今後の観光促進や東日本大震災からの復興に向けて大事にしていかなければならない」(同)。

ゴールデンルート以外を訪れてもらいたい

 両者は今後、2016年中をメドに地元の民泊需要の掘り起こしや推進体制の構築に取り組む。2017年からは民泊を取り上げた観光イベントを開いたり、民泊提供者の募集を始める。

 「東京、大阪、京都のいわゆるゴールデンルート以外を観光客に訪れてもらうのが、我々のゴールだ」。エアビーアンドビー日本法人の田邊泰之社長は、日本全国に釜石市と同様の需要があるとして、他の自治体とも協業を進めていく意向を示した。