米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)と米ヴイエムウェアは2016年10月13日(米国時間)、ハイブリッドクラウドに関する提携を発表(写真1)。AWS上でヴイエムウェアの各種ソフトウエアを稼働可能にした。

写真1●説明会に登場した米AWSのアンディ・ジャシーCEO(最高経営責任者、左)と、米ヴイエムウェアのパット・ゲルシンガーCEO
(出所:記者会見のストリーミング映像、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 記者説明会にはAWSのアンディ・ジャシーCEO(最高経営責任者)と、ヴイエムウェアのパット・ゲルシンガーCEOがそろい踏み。ゲルシンガーCEOは「AWSはVMwareにとって主要なパブリッククラウドインフラストラクチャーのパートナーとなり、VMwareはAWSにとって主要なプライベートクラウドのパートナーになる」と訴えた(写真2)。

写真2●ハイブリッドクラウドにおいて両社が主要なパートナーになると訴えた
[画像のクリックで拡大表示]

 AWS上で利用できるヴイエムウェア製品は、「VMware Cloud on AWS」として現行製品を基にAWS上で稼働可能にしたもの。サーバー仮想化の「vSphere」、ストレージ仮想化の「Virtual SAN」、ネットワーク仮想化の「NSX」などがある(写真3)。プライベートクラウドとAWS上のvSphereの管理には、vSphereの標準管理ツールである「VMware vCenter」が使える。VMware Cloud on AWSのデモも実施した(写真4)。

写真3●ヴイエムウェア製品を「VMware Cloud on AWS」としてAWS上で稼働可能にした
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●VMware Cloud on AWSのデモも実施
[画像のクリックで拡大表示]

 AWSにとって今回の提携は、米マイクロソフトなどの競合と比べて弱みだったハイブリッドクラウドを補う大きな戦略だ。ヴイエムウェアにとっては、遅れを取るパブリッククラウドでの巻き返し策の一環となる。ゲルシンガーCEOは2016年8月に米国で開催したイベント「VMworld 2016」で、大手パブリッククラウドサービスとの連携を進めると表明していた。