伊藤忠商事、ベルシステム24ホールディングス、NTTデータの3社は2016年10月7日、AI(人工知能)技術を活用したWeb接客サービスを提供する空色(品川区)に出資すると発表した。出資比率は、伊藤忠商事とベルシステム24がそれぞれ6.9%、NTTデータが2.8%。第三者割当増資によって株式を取得する。

OK SKYを活用した顧客対応イメージ
(出所:伊藤忠商事、ベルシステム24ホールディングス、NTTデータ)
[画像のクリックで拡大表示]

 空色は、アパレル業界を中心としたEC事業者に対して、対話型のチャットを利用したWeb接客サービス「OK SKY」を提供している。特徴は、オペレーターによる対応とAIによる自動対応を組み合わせていること。顧客からの問い合わせに対してまずAIが一次対応し、購買意思決定時にはオペレーターに引き継ぐ仕組み。

 伊藤忠商事、ベルシステム24ホールディングス、NTTデータの3社は、それぞれが持つ販路を活用して、OK SKYの販売を拡大する。

 ベルシステム24ホールディングスは、保有するコンタクトセンター内に「OK SKY」を導入し、セールス業務の受託を拡大する。

 NTTデータは、同社が展開するオムニチャネル基盤のうち、対話型コマース分野にOK SKYを組み合わせる。顧客への販売拡大を目指すとともに、NTTグループのAI関連技術との連携など技術面での強化も進める。

 伊藤忠商事は、海外ネットワークを活用したアジア地域への展開を進める。Web接客が浸透する中国を中心とするアジア市場でOK SKYを販売し、Web接客の自動化を進めていく。