富士通は2016年9月21日、日本バスケットボール協会(JBA)およびジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)とパートナー契約を締結したと発表した。ICT基盤の提供により、B.LEAGUEが掲げる「世界に通用する選手やチームの輩出」「エンターテイメント性の追求」「夢のアリーナの実現」を支援する。

 パートナー契約に基づき同社は、データ管理基盤の「データ・マネジメントサービス」や「デジタルマーケティングプラットフォーム」、富士通研究所が開発中の「スマートアリーナソリューション」を提供することで、日本のバスケットボールの発展をサポートするとともに、アリーナを中心とした安心・安全・快適なまちづくりを通じてB.LEAGUEが目指す地方創生に貢献していく。

 データ・マネジメントサービスは、プレイヤーや指導者の戦歴やキャリアなどを一元管理することで、強化選手や日本代表選手の選出のために必要な基礎データを簡単に検索できるようになる。

 デジタルマーケティングプラットフォームは、試合やイベント参加などの顧客情報を一元管理し、ファンの拡大や各チーム拠点の地域活性化を目的とした、ファンへのタイムリーな情報提供やきめ細かなプロモーションなどのマーケティング活動を支援する。

 スマートアリーナソリューションは、「3Dレーザーセンシング技術」「プレイヤーモーショントラッキング技術」「自由視点映像生成技術」により“夢のアリーナ”を創り出し、世界に通用する選手・チームの輩出や、アリーナを中心としたまちづくりに貢献する。

 独自の3Dレーザーセンサーにより、マーカーを装着せずに立体的かつ高精度なモーションデータをリアルタイム分析し、選手の個人スキルやチーム力を向上。また、死角のない複数のカメラ撮影により選手の位置や動きを自動的かつ正確に追跡することで、フォーメーション分析などチームプレイの精度向上や戦術策定を支援する。

 さらに、複数のアングルで撮影したカメラ映像から被写体の3次元構造を解析し、通常はカメラが置けない方向からの迫力ある映像を生成することで、アリーナやテレビ、タブレットでの新たな視聴スタイルを提供してエンターテインメント性の向上を図る。スマートアリーナソリューションは、2018年を目標に提供開始する予定。