HPE Apollo 6500 System
(出所:日本ヒューレット・パッカード)
[画像のクリックで拡大表示]

 日本ヒューレット・パッカードは2016年9月9日、ディープラーニング向けに特化したGPU高密度搭載サーバー「HPE Apollo 6500 System」を同日販売開始したと発表した。専用の4Uきょう体に8GPU搭載サーバーを2台搭載可能。希望小売価格(税別)は289万6000円から。

 ディープラーニングに不可欠なGPU処理性能を最大化するよう設計されたマルチノードサーバー。GPU高密度搭載による消費電力増大といった課題に対応するために、ProLiant XL270d Gen9サーバートレイ、Apollo d6500シャーシ、Apollo 6000パワーシェルフの3つのコンポーネントから構成される。

 4UサイズのApollo d6500シャーシにXL270d Gen9サーバーを2台収納する。XL270d Gen9サーバーは、2Uきょう体に最大8個の米エヌビディアの「Tesla M40」GPUと最大2個のXeon E5-2600 v4プロセッサを搭載。サーバー当たり最大56テラフロップスの単精度演算性能を達成したという。

 また同社は、HPE Apollo 6500 Systemの発売に合わせて「ディープラーニング環境構築サービス」も正式発表した。本サービスは、NVIDIA GPUを搭載したHPE製サーバー上に「TensorFlow」を導入し、そのリソースと機能を最大限活用した高速機械学習環境を構築して提供する。価格は要問い合わせ。