バックアップソリューションを手掛ける米アクロニス。2016年5月に、ブロックチェーン技術を利用してデータの整合性を監視するソリューションのプロトタイプの提供を開始し、6月には米国などでサーバーやネットワークの監視サービス(Acronis Monitoring Service)を始めた。ブロックチェーン技術採用の狙いや、監視サービスについて、VP Systems Management and Monitoringのニコライ・グレベンニコフ(Nikolay Grebennikov)氏に聞いた。

バックアップがセキュリティ対策に重要だ、というメッセージを継続して出している。その意味を改めて教えてほしい。

米アクロニス、VP Systems Management and Monitoringのニコライ・グレベンニコフ氏
[画像のクリックで拡大表示]

 バックアップとセキュリティ対策には明確なつながりがある。既存のアンチウイルスソリューションは、いわゆる「感染」から守るものだ。一方で、マルウエアは進化しており、新しい攻撃手法が出てきている。

 マルウエアによる攻撃が成功したら、システムにあるデータを盗み出したり、改ざんしたりが容易にできるようになる。「ランサムウエア」と呼ばれる、ファイルを暗号化して「身代金」を用意するタイプのマルウエアは、日本を含めて様々な国で増えてきている。データの破壊や改ざんから守るためには、バックアップが必要だ。

ブロックチェーン技術はどのように使うのか。改ざんから守るにはバックアップだけで十分ではないのか。

 ブロックチェーンそのものは新しい技術ではない。数年にわたってビットコインなどで使われている。アクロニスも、以前からブロックチェーンに対して専任の研究チームを立ち上げてきた。

 ブロックチェーンは、データの改ざん防止、その結果としてのデータの整合性、信頼度の確保に有用だと考えている。5月に発表したのは、ブロックチェーンを利用しデータの整合性を監視するファイル同期・共有ソリューションのプロトタイプだ。

 現在、世界では毎日のようにデジタル資産が増えている。多数の人がかかわる資産ならば、誰が作って、所有して、変更したのかを把握しておく必要がある。ブロックチェーンを利用すると、データをシステムに入れたら消去できなくすることができる。更新するときも、ある一定のルールに基づいてシステムに参加している全員の合意がなければならない。

 複数の人が書き換える可能性がある一方で整合性や信頼度を維持し続けなければならないデータとしては、医療関連のデータや不動産の記録、法廷で使う証拠、警察が使う映像記録などが考えられる。「データが不正に書き換わっていないこと」を保証できるストレージがあれば、こうしたデータをデジタル化しやすくなる。

 ブロックチェーン技術を利用したアクロニスのストレージは、データの整合性をモニタリングすることなどができるようになる。我々が提供したのは(製品化が間近の)β版ではなく、あくまでもプロトタイプ。現在は様々な人に評価してもらっている段階だ。ブロックチェーンに取り組んでいる企業は金融関連が多い。バックアップソリューションを持っているベンダーでブロックチェーンに取り組んでいるのは我々だけだ。

ユーザーはどのような形でそれを利用するのか。

 我々は様々な利用形態を検証している。その中の一つとして、データの整合性について証明書を出すのはどうだろうかと思っている。ブロックチェーン技術を使うと、データが変更された証拠を残せる。顧客に対して、誰がデータを変更したかの証明書が出せるようになる。

 改ざんを防ぐ仕組みをストレージサービスに組み込んで提供する点そのものに関心を持つ顧客もいるだろう。例えば何かの取り引きの記録など、整合性や信頼度が重要なデータについて、第三者による検証を受けることで保証を得なければならないことがある。ストレージサービスに改ざん防止機能が組み込まれているならば(記録をデジタル化してそこに保存しておけば)、第三者に頼まなくてもサービスを使うだけで整合性が保たれていることが保証されるからだ。

 プロトタイプはまだ製品ではない。今後数カ月の間に、ブロックチェーン技術を組み込んだサービスをどういった形で提供するのがよいのかを考えていく。

6月に出した監視サービス(Acronis Monitoring Service)はどういったサービスなのか。

 現在、監視サービスの需要が中小企業を中心に伸びている。特にSaaSベースの需要が強い。そこで参入することにした。

 顧客の観点から見ると、効率、コスト、性能のバランスが良いソリューションがなかなか見つからない。対象とするシステムにWindowsとLinuxがあったり、物理サーバーと仮想サーバーがあったりと、環境がハイブリッド化して複雑になっている中で、1種類の監視サービスでまかないたいという要望がある。こうした要望に応えられるサービスにした。

米アクロニスが開始した監視サービス「Acronis Monitoring Service」
[画像のクリックで拡大表示]

 一つの画面で、サーバー、OS、アプリケーション、ネットワーク、Webサイトの状況をまとめて監視できる点が売りだ。。オンプレミスのサーバーやネットワークだけでなく、プライベートクラウド、パブリッククラウド上の環境も一元的に見られる。例えば、サーバーはCPUやメモリーの使用率、ドライブの負荷や空き容量などが分かる。

 Webサイトはページ読み出しの時間などを測定できる。例えばWebサイトの性能をテストしたいとき、世界の各地域にあるアクロニスの16カ所のデータセンターからアクセスしたときの状況などを調べられる。監視サービスで、ここまでカバーしている製品は少ないだろう。

監視サービスは競合する企業、製品が多いのでは。

 いくつかのサービスと競合するが、我々の製品の方が優れている。シンプルさが売りのSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)は、中堅企業にとってはスケーラビリティの無さが問題になる。(監視できるサーバーの台数が)50台、100台程度だと厳しい。

 「Zabbix」「Nagios」といったオープンソースのソフトウエアも競合に挙げられるが、スクリプトを書かなければならないなど、デベロッパーがいないと監視環境を構築できなかったりする。また、オープンソースはベンダーのサポートを得にくい。

 我々のソフトは、使い勝手の良さが売りの一つ。ITの専門家でなくても、監視対象から項目を選択して、統計情報をグラフィカルに表示できる。スケーラビリティも高い。