タイに本社を置くプロンプトナウは約100人の規模ながら、同国の四大銀行であるカシコン銀行やサイアム商業銀行(SCB)のモバイルバンキングを手掛けるなど、タイのFinTechにおいて重要な役割を果たしている。2016年5月には、ASEANでのビジネス拡大を狙うTISが、約60%出資して連結子会社化している。タイの金融機関にとって欠かせない存在である同社でトップを務めるNatjira Honda氏に、タイのFinTechについて話を聞いた。

写真1●プロンプトナウ ジェネラルマネジャーのNatjira Honda 氏
[画像のクリックで拡大表示]

金融機関向けに、どのような事業を手掛けているのでしょうか?

 まず、タイの金融業界の現状を説明しましょう(写真1)。昨年、四大銀行の一角であるカシコン銀行とクルン・タイ銀行(KTB)の支店が初めて減少に転じました。同じく四大銀行のバンコク銀行やサイアム商業銀行(SCB)でも、支店拡充の取り組みは減速しています。銀行が明らかに変わり始めているのです。

 一方で、勢いが増しているのがモバイルバンキング。モバイルバンキングの利用が、2年連続で60%増えています。保守的な文化を持つ銀行であっても、顧客の趣向に変化が生じていることに気づいたわけです。

 タイでFinTechの動きが出始めたのは約2年前のこと。FinTech企業の数も増えてきています。2015年12月には政府が「e-Payment構想」を採択し、国民共通ID(Any ID)を使った決済手段の提供などを進める方針を打ち出した。2016年に入って、中央銀行もFinTech企業を歓迎する姿勢を鮮明にしています。

 国全体でFinTechが盛り上がり始めるなか、積極的に投資しているのがカシコン銀行とSCB。当社は両行と取り引きがあります。最初に手掛けたのが、カシコン銀行のモバイルバンキングアプリです。

 タイでインターネットバンキングがスタートしたのは、2005~2006年ごろのこと。その後、ノキアのビジネス向け携帯端末が大流行したのを機に、カシコン銀行向けに取引明細や振り込みができるモバイルアプリを開発しました。これが、金融機関向けビジネスを本格化させる契機になりました。海外系の開発会社との競争にも何とか打ち勝つことができ、SCBやKTBにもモバイルバンキングを提供することに成功しています。

QRコードでATM取引 

モバイルバンキング以外に、タイの銀行ではどんな取り組みをしているのでしょうか。

 注目すべき取り組みを立て続けに進めているのがSCB。当社は、その施策の中でシステム開発を担っています。

写真2●QRコードで取り引きできるATM
[画像のクリックで拡大表示]

 キャッシュカードではなく、モバイルアプリで利用できるATM(現金自動預け払い機)が好例です。まだ実用化していませんが、2015年8月の段階で既に試作機はできています(写真2)。

 使い方は簡単です。モバイルアプリで、取引内容を設定するとQRコードが生成されます。QRコードをATMにかざすと、現金を引き出したりできるわけです。QRコードをかざしやすいように、UI/UXにもこだわっています。スマートフォンを傾けると、QRコードの画面上での位置を直感的に動かすことができます。

 月末、ATMに行列ができるのは日本もタイも同じです。これを解消する一手になります。

 SCBは他にも面白い施策を打っています。2015年末には、リストバンド型のウエアラブル端末を無償配布しました。同端末には、個人情報が格納でき、決済機能を実装しています。決済機能は、スワンナプーム空港近くにあるサイクリング施設「スカイレーン」の自動販売機などで使えるようにしてある(写真3)。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
写真3●SCBが無償配布したウエアラブル端末(右)と同端末が使える自動販売機

 元々は、同施設の運営企業の案件をSCBが請け負ったものですが、多くのマーチャントから引き合いが来ていると聞きます。今後、様々な展開が考えられるはずです。

 当社はハードウエアも開発しています。今、力を入れているのが決済端末。磁気カード、EMV仕様のICカード、QRコード、指紋や音声、NFC、Bluetoothなど、あらゆる方式での支払い手段に対応した全部入りの端末を開発しました。2016年4月からパイロット運用を開始しています。理想とするのは、ユーザーが何も持たずに決済できる世界。タイの決済端末は今のところ全て海外製ですが、当社の製品で状況を一変させたいですね。

ゲーム開発が出発点

技術的な強みの源泉はどこにあるのでしょうか。

 2003年の創業後しばらくは、実はモバイルゲームの会社でした。ゲームだけで急成長し、200種類くらいのゲームを制作していましたね。ゲーム開発会社としては国内最大手だったはずです。

 ただし、約2年やってきて転機が訪れた。プラットフォーム企業とのレベニューシェアの割合が、8対2から5対5に変更されたのです。モバイルアプリ事業者の8割がタイから消えたと言われています。

 そのとき、当社が保有していた技術は二つ。モバイルアプリとゲーム開発です。モバイルアプリの技術に目を付けてくれたのが、タイの通信大手であるAISです。非接触のモバイルペイメントサービスをやりたがっていた彼らに、ノキアの端末を使ったソリューションを提案しました。それが採用されたことで、現在の主力事業につながっていきます。

 私は最終的に、銀行の世界でも同じことをしたいと思っていた。2007年にAISのプロジェクトを受注すると、その年には銀行に売り込みを始めました。AISでのノウハウが評価され、2008年にカシコン銀行のモバイルバンキングアプリ開発を請け負うに至ったのです。

企業間ギャップを埋めるベンダーに

今後の展望を教えてください。

 この1~2年は盛んにデジタル・チャネルの大切さが叫ばれてきました。いわば「D」の時代。当社が次に見ているのは、「F」の時代です。Fとは、Fuzzyの頭文字で、「ぼやけた」といった意味。これからは、オンラインとオフラインの違いなど一切気にせずにサービスを受けられるのが当たり前になる。

 当社は、Fuzzyチャネルが浸透する時代で、企業間、あるいは企業と消費者間のビジネスを中立的な立場から支援するサービスを手掛けていきます。手始めが決済分野。将来的には、物流分野やアフターサービス分野などでも、利便性の高いシステムを提供していく考えです。

 タイでは、企業によってサービス品質にかなりの格差があります。銀行だけみても、各行のサービスにはギャップがあり、互いに連携もしていません。銀行ごとにできることが違っていては、顧客の手間が増え、余計なコストが掛かります。当社のソリューションで、こうした課題を解消するつもりです。