ITを活用してピークを無くしたり抑えたりする「ピークカット」に関する取り組みを特集にまとめました。鉄道会社は満員電車などピーク時の混雑を緩和する取り組みで一定の成果を上げています。一方で「個別企業の取り組みだけでは限界がある」という声も聞きました。日本の公共交通機関は平日朝には通勤客、休日には観光客、さらに大型連休やお盆・正月には帰省客の利用が集中します。「一斉に働き一斉に休む」という日本人の働き方を強く反映しています。混雑を緩和し、社会全体の生産性を上げるには「働き方改革」が欠かせないと痛感しました。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら