顧客の要望に応えて製品の仕様を個別化(カスタマイズ)した上で、大量に(マス)生産することを指す。大量生産と受注生産を両立するのが特徴。従来は、顧客の様々な要望に個別に応えることはコストがかかるため実現が不可能とされていたが、工場や物流におけるIT活用や、インターネット通販による中間マージンの削除などによって広がりつつある。特に、アパレル業界など嗜好性の高い商品を提供する業界で導入が進む。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら