異なる分野で使われる用語の表記や意味、データ構造を統一して、システム間で情報を連携できるようにする基盤。「IMI」と略す。行政機関のシステム向けに開発されたが、企業がシステム構築の設計段階で必要となるデータ項目を整備するためにも利用できる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら