日本のクラウドサービス市場で、グーグルと日本IBMがエンタープライズの需要獲得に乗り出した。この分野では「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」が先頭を走り、日本マイクロソフトの「Microsoft Azure」がこれに続く。グーグルや日本IBMは人工知能(AI)や機械学習を武器に追い上げたい考え。日本のクラウド市場はさらなる激戦区になる。

この先は有料会員の登録が必要です。「日経コンピュータ」定期購読者もログインしてお読みいただけます。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら