写真:Getty Images

業務システムに迫る、“サポート切れ”問題が待ったなしだ。まだXPへの対応の混乱が続く中、今度はIAサーバーの二大OSに危機が迫る。
「Windows Server 2003」は2015年7月のサポート終了まで1年を切った。Linux環境ではミドルウエア「Struts」が既にサポート終了を迎え、セキュリティパッチの供給が止まっている。サポート切れをきっかけに、クラウド、ビッグデータの活用や、モバイル対応を加速する次世代のIA基盤を今こそ構築する時だ。

進藤 智則、森山 徹

CONTENTS

出典:日経コンピュータ 2014年8月7日号 pp.22-23
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。