システム開発プロジェクトが途中で頓挫し、ユーザー企業とITベンダーの間で訴訟に発展するケースが後を絶たない。近年のIT訴訟の傾向を分析しながら、日本のシステム開発プロジェクトに潜む落とし穴やその対応策・改善策を考える。