ITエンジニアが仕事で書く文章の大半は、相手に何かを説明するためのものだ。うまく書くには、相手や目的に沿った「適切な情報」を選ぶとともに、その情報を「正確に、分かりやすく」書き並べる必要がある。そのやり方やポイントを説明する。