クラウドは強力なインフラだが、限界も存在する。代表はIoT(インターネット・オブ・シングズ)だ。ネットワークを経由することで発生する、わずかな遅延が制約をもたらす。端末でも処理を受け持つ「エッジコンピューティング」が、IoTの解となり得る。クラウドを補完するエッジの最先端を追った。