短工期の開発が求められる中、作成するドキュメントを絞り込んだり、作成や管理の効率を改善したりする「ドキュメントダイエット」に取り組む現場が増えている。プログラムと同じようにドキュメントを開発するケースや、ソースコードと同期する形で容易にメンテナンスする仕組みなど現場の取り組みを紹介する。