金融を意味する「ファイナンス(Finance)」と、技術を意味する「テクノロジー(Technology)」を組み合わせた造語。ITを融合した新たな金融サービス全般を指す。

 「スマートフォン決済」「個人財務管理(PFM)」「オンライン融資」「暗号通貨」―。これらは全て、FinTech(フィンテック)と呼ばれる新たな金融サービスです。決済や融資、資産管理など受けられるサービスの中身は従来と同じですが、ITを組み合わせることで、より身近で使いやすくしているのが特徴です。

実例:ITと融合して簡易に利用

 例えば、小売店や飲食店が利用するクレジットカード決済サービス。これまではカードの読み取り装置を店舗に設置し、読み取ったカード情報をカード会社のサーバーに送信して決済処理するネットワークに接続する必要がありました。

 こうした手間や投資をITで安価に解決したのが、冒頭で挙げたスマホ決済です。市販のスマホ(あるいはタブレット)を読み取り装置として使い、スマホ経由でサーバーと連携します。店舗側は専用アプリをスマホにインストールし、カードの読み取りセンサーをイヤホンジャックに差し込めば、すぐにカード決済を始められます。

 PFMは資産管理サービスの1つです。ITを活用することで、異なる金融機関に開設した複数の口座の利用履歴や残高を、自動的に集約できるようにしています。さらに、集めた情報を食費や光熱費といったカテゴリーに分類し、家計簿を自動作成してくれたりします。

 オンライン融資はインターネットを使った審査で、迅速な融資を可能にしています。現状は大手ネット通販サイトに出店する企業向け融資が中心です。通販サイトの運営企業や提携する金融機関が、店舗の決済情報をリアルタイムに分析し、即座に融資の実施を判断します。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら