スマートフォンの技術を一部取り込み開発した従来型の携帯電話(ガラケー)。折り畳み式でテンキーが付くなど、外観はこれまでのガラケーとほぼ同じ。ただし、OSはアンドロイドを採用している。

 ガラホとは、従来型の携帯電話の通称である「ガラケー」と、スマートフォン(スマホ)を掛け合わせた造語です。2015年の春商戦向けの新製品として、KDDI(au)がシャープ製のガラホを初めて商品化。2015年夏にはNTTドコモも発売しました。

背景:ガラケー継続に限界

 2008年に米アップルの「iPhone 3G」が日本で発売されて以降、スマホは急速に浸透しました。auによると、既にスマホの普及台数はガラケーを上回り、今後もスマホ比率は高まる見通しです。

 一方でガラケーを使い続けたい人も依然として多くいます。調査会社のMM総研によると、2014年4月から2015年3月までの国内のスマホ出荷台数は、前年度比7.2%減の2748万台にとどまりました。一方で、ガラケーの国内出荷は同6.0%増の1040万台と、7年ぶりに増加に転じたのです。慣れた端末の方がいい、物理的なボタンがあった方が使いやすい、細長い折り畳み型は持ちやすく通話もしやすい、スマホは月額料金が高い―。様々な理由で、今もガラケーを使い続ける人がいます。

 ところがガラケー自体は存続の危機に瀕しています。全盛期よりは市場が縮小したため、近年は大幅な改良を避け、旧来のOS、プロセッサー、通信制御LSIなどを使い続けています。しかし、主要部品の生産終了や技術者の退職などで、新機種の開発はおろか、現行機種の継続販売も難しくなっているのです。

 そこで出てきたのが、外観やボタン配列はガラケーを踏襲しつつも、中身を入れ替えたガラホです。OSはスマホと同じ米グーグルのアンドロイドを採用。LSIもスマホと共通にし、スマホの技術者が開発やサポートできるようにしました。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら