モノとモノをクラウドを介して連携させることで、新しいサービスや仕組みを生み出すコンピュータの利用形態。東京大学の坂村健教授が提唱し、2017年にも実現する基盤の試験公開が予定されている。

 自宅のリビングにあるソファーでくつろいでいたら、手元のスマートフォンにテレビ電話がかかってきた。小さな画面では見づらい。そこでセンサーが組み込まれたソファーのアームレストを2度タップ。するとリビングにある大画面テレビに、電話の相手が映し出された─。

 あらゆるものがネットにつながるIoT(モノのインターネット)の登場で、こんな場面の実現は夢ではなくなってきています。スマホとソファー、大画面ディスプレーという3つの異なるモノが連携することで、テレビ電話という1つのサービスが実現できるわけです。

原理:モノをクラウド経由で連携

 このように連携した複数のモノで1つのサービスをコンピュータで実現させようとする動きが、国内で高まっています。このようなコンピュータの利用形態をアグリゲートコンピューティングと呼びます。

 アグリゲートコンピューティングは2015年初めに、東京大学の坂村健教授が提唱しました。アグリゲートとは「集める」という意味です。モノとモノをクラウドを介して連携させることで、集まったモノの「総体」として一連のサービスを提供できるようにする仕組みを指します。

 特徴は、セキュリティ管理やアクセス制御といった、本来のモノには関係なくても、モノ同士をつなぐうえで必要な共通機能を、クラウド上でそろえることです。こうすると「モノの価格を上げずに、安全かつ便利に連携できるようになる。モノで処理させると大変な人工知能やビッグデータの処理もクラウドで実現できる」と坂村教授は説明します。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら