「子育てワンストップサービス」とは、自治体の子育てに関する行政サービスの検索やオンラインでの手続き申請ができるサービスの総称です。2017年7月の「マイナポータル(情報提供等記録開示システム)」の試行運用にあわせて始まりました。

 ただし、主要なサービスは、マイナポータルとは別の「ぴったりサービス」サイト上で提供しています。このため、一部のサービスを除いて、マイナンバーカードを使ってマイナポータルにログインすることなく利用できます。ぴったりサービスは今後、引っ越しなどの子育て以外の分野にもサービスを拡大する予定であり、子育てワンストップサービス専用のサイトというわけではありません。

 子育てワンストップサービスの当初の対象となる行政手続きは、「児童手当」「保育」「ひとり親支援」「母子保健」の4分野です。これらの手続きの中でも、自治体ごとの対応進捗状況によって利用が可能になる時期は異なります。今後は、4分野の手続きを拡充するのに加えて、対象とする手続きの分野も拡大していく予定です。

機能はぴったりサービスとマイナポータルで提供

 子育てワンストップサービスの主な機能は、(1)ぴったり検索、(2)オンライン申請、(3)プッシュ型通知の3つです。このうち、ぴったり検索とオンライン申請は、ぴったりサービスのサイト上で提供しています。残りのプッシュ型通知はマイナポータルの機能であり、利用にはマイナンバーカードが必要です。それぞれの機能は以下の通りです。

(1)ぴったり検索
 利用者のニーズに合致したサービスを簡単に見つけられるようにした検索機能です。自治体がメニューとして登録した子育てに関するサービスの中から、利用者は自分の属性情報(住所、家族構成、年齢等)や、キーワードを入力することで、ニーズに合ったサービスを手早く見つけられます(図1)。

図1●「ぴったりサービス」のトップページ画面
出所:内閣府「ぴったりサービス」(https://app.oss.myna.go.jp/Application/search)
[画像のクリックで拡大表示]

 市町村ごとの制度や手続きの内容を簡単に比較できる「地域比較」の機能もあります。ただし、検索の対象となるサービスは、各自治体での登録の進捗状況によって異なります。サービスは、マイナポータルとは別の「ぴったりサービス」サイト上で提供しているため、利用に当たってマイナンバーカードは不要です。

(2)オンライン申請

 役所まで出向かずに、オンラインで各種行政手続きを申請できる機能です。ぴったり検索と同じく、ぴったりサービスのサイトで利用できます。一部の手続きでは、利用者は申請事項の入力や、電子化が可能な書類を登録することでオンライン申請が可能です(図2)。

図2●オンライン申請のイメージ
出所:内閣府資料(http://www.cao.go.jp/bangouseido/pdf/seidogaiyou_2907_41-53.pdf)
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら