ITダッシュボードとは、政府の府省ごとのIT投資の状況を、国民の誰もが横断的に確認・活用できるようにしたサイトです。国家IT戦略である「世界最先端IT国家創造宣言」に基づいて、内閣官房情報通信技術(IT)総合戦略室が2014年7月に開設しました。

 システムは、富士通のIaaS(インフラストラクチャ・アズ・ア・サービス)型パブリッククラウドサービス「Trusted Public S5」と、オープンソース・ソフト(OSS)をベースに構築してあります。ITダッシュボードの目的は、内閣情報通信政策監(政府CIO)、府省のシステム企画担当者、ITベンダーの提案作成担当者、政府のIT投資に関心をもつ国民などが活用することによって、政府のIT投資の効率化・透明化・高度化につなげることです(図1)。

図1●ITダッシュボードの役割のイメージ
出所:内閣官房「ITダッシュボードの整備について」(2014 年3月19 日)(http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/senmon_bunka/densi/dai7/gijisidai.html)
[画像のクリックで拡大表示]

 ITダッシュボードでは、各府省が保有する情報システムの数や予算のほか、ITベンダーとの契約情報や、創造宣言で設定された目標とそれに対する取り組みの進捗状況、さらに政府自らが評価した結果など、各種施策の状況を公開しています(表1)。これらの情報は各府省が責任を持って開示しており、進捗や実績は「原則として1カ月ごとに」更新していくことが義務付けられています。

表1●ITダッシュボードで参照可能な情報
出所:ITダッシュボードの情報を基に作成
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら