ポイントはここ!
  • クラウドへの移行はバックアップソフトを活用し、短期間で完了
  • 残るファイルサーバーもオンラインストレージへの移行を計画
熊谷組

 準大手ゼネコンの熊谷組は2015年7月から8月にかけて、基幹システムを刷新。クラウドサービス上に全面移行した。採用したのは米ヴイエムウェアのクラウドサービス「vCloud Air」だ。さらにバックアップ用途に、米アマゾン・ドット・コムのクラウドサービス「AWS」も活用し、データ保全のための万全の体制を築いた(図1)。

図1●クラウドをフル活用したITインフラへの刷新を続ける熊谷組
サーバーの更改時期に合わせて、2015年に基幹システムを米ヴイエムウェアのクラウドサービス「vCloud Air」へ移行した。
[画像のクリックで拡大表示]

 同社はクラウドを活用することで、あらゆるITインフラを刷新する「クラウドファースト」の取り組みを進めている。2014年にはオンプレミスで運用していたグループウエアを米グーグルのクラウド型グループウエア「Google Apps for Works」へ移行済み。2016年にはファイルサーバーをオンラインストレージへ移行する計画だ。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら