2011年に公表した経営戦略「ビジョン2015」に基づき、クラウドやグローバル事業の拡充を進めるNTTコミュニケーションズ(NTTコム)。ここに来て3期連続で連結最高益を更新するなど、結果が伴ってきた。今後のクラウド戦略や、NTT東西のサービス卸を活用した新サービスの可能性などを有馬社長に聞いた。

(聞き手は加藤 雅浩=日経コミュニケーション編集長)

社長就任から4年が経過した。直近の通期決算は6期ぶりの連結増収、3期連続の連結最高益と好調だ。自己採点を教えてほしい。

有馬 彰(Akira Arima)
1949年生まれ。神奈川県出身。一橋大学商学部卒。NTT東日本取締役経営企画部長、NTT取締役などを経たのち、2007年6月にNTTコミュニケーションズ代表取締役副社長ネットビジネス事業本部長。2010年6月に代表取締役社長に就任。趣味はジョギング、ウォーキング、ボート、ゴルフ、ラグビー観戦(NTTコムのラグビーチーム、トップリーグ所属のシャイニングアークス)。休日の約10kmのジョギングは10年以上継続中。座右の銘は「ベストを尽くすのみ」。(写真:都築 雅人)

 点数は功罪半々の50点くらいだ。

 6年かかったが、国内の減収分を海外の増収分で補えるようになった。為替の効果も大きかったが、2013年度は為替を除いても増収だった。成長性の高いクラウドというマーケットに参入したことがよかった。

 基本的に我々の戦略はクラウドをトリガーにして企業ユーザーのICT全体のサービスに入り込むというもの。ICTシステムは既存ベンダーががっちり握っており、何かトリガーがなければ後から入るのは難しい。

 クラウドの世界は相当なスピード感がある。これについて行かないと生き残れない。実際、キャリア(通信事業者)の強みを生かせなければ、米アマゾンなどには勝てない。クラウドという以上、ネットワークとの接点は必ず出てくる。サーバーとネットワークの連携をいかに保つのかはクラウド事業者も苦労している。そこを両側からチューンナップできるのは我々の強みだ。今後はVPNとクラウドの接続を自動化し、同じポータルでWANとVM(仮想マシン)を設定できるようにする。

 今、当社の営業フロントは提案にAWS(Amazon Web Services)を入れたいとしきりに言ってくる。決断はまだだが、いずれ対応せざるを得ないだろう。ただしKDDIのようなリセラーの形ではなく、AWSに薄皮をかぶせて当社のポータルと一体的に使えるようにしたい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら