レンタルサーバー事業やデータセンター事業の老舗であるさくらインターネット。ここに来てIoT(Internet of Things)や人工知能(AI)の分野への取り組みを加速している。同社の狙い、ビジネスの現状について田中社長に聞いた。

2016年度中にIoT基盤サービス「さくらのIoT Platform」を提供すると発表した。IoTビジネスに対する期待を教えてほしい。

田中 邦裕 Kunihiro Tanaka
1978 年生まれ。大阪府出身。1996 年、国立 舞鶴高等専門学校在学中にさくらインターネットを創業し、レンタルサーバー事業を開始。舞鶴高専卒業後の1998年、インフォレスト設立。1999年、さくらインターネットを設立、代表取 締役社長に就任。その後、最高執行責任者などを歴任し、2008年から現職。

 当社のビジネスのキーワードは「コンピューティング」。ネットワーク(通信)、ストレージ(蓄積)、プロセッサー(処理)をコンピューティングとして定義しており、コンピューティングが増えるほど課金できるビジネス構造だ。

 これからはリアルな世界とコンピューティングの世界をつなぐところ、さらにコンピューティングの中身に商機がある。リアルな世界からコンピューティングの世界の入り口となるスマートフォンはもちろん、モノのインターネットであるIoTも当社のビジネスを広げられる。

 IoTは単価が安い。ただ何千万、何億という単位のモノが対象となる。数十万個の規模のレンタルサーバー市場と比べると、桁が1桁2桁違う。単価が1桁小さな売り上げであっても、2桁大きなボリュームを扱えれば大きなビジネスになる。

さくらのIoT Platformのα版を4月から配布開始した。反響は。

 さくらのIoT Platformは、通信モジュールに加えて、我々がMVNO(仮想移動体通信事業者)としてソフトバンク、ソラコムとL2(レイヤー2)接続した閉域網を用意し、通信、蓄積、処理のコンピューティング環境を一体型で提供する。約200社にα版を配布したが、簡単に利用できることが評価されている。料金も少しずつ明かしているが、安いという評価だ。

 現状ではIoT向け通信費が安くなったとはいえ、月300~500円、年間で3600円はかかる。何十万円、何百万円といった製品には通信機能が入っても、何千円、何万円といったデバイスに入れていくことは難しい。

 我々はIoT向け通信を月数十円単位に下げていく。もしくは通信モジュールを購入したら、2年分の通信費があらかじめ含まれているようなモデルに変えたい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら