WiMAX 2+を最大220Mビット/秒に高速化するとともに、月額4380円でデータ通信量が「ノーリミット」のプランを新たに打ち出したUQコミュニケーションズ。格安スマホのブームで競争環境が急速に変わりつつある中、この先の戦略をどのように考えているのか。野坂社長に聞いた。

野坂 章雄 Akio Nozaka
1956年生まれ。1978年3月、東京大学法学部卒業。同年4月、国際電信電話(現KDDI)入社。2000年10月にKDDIアメリカ上級副社長。その後、2005年4月にブロードバンドコンシューマ事業企画本部長、2007年4月KDDI中国総代表、2009年10月KDDI理事を経て、2010年6月にUQコミュニケーションズ代表取締役社長就任。2013年4月からKDDI執行役員 兼 UQコミュニケーションズ代表取締役社長(現職)。

新プランについて聞きたい。2013年9月にWiMAX 2+サービスを発表した際、2年間は「月額3880円で使い放題プラン」を提供。3年目以降は「月額4405円、7Gバイトの制限を加えるか検討する」としていた。

 SNSなどでユーザーの声を分析すると、「UQはノーリミット」というイメージが予想以上に定着していた。なんとか「ノーリミット」のDNAを継続できる方法はないのか。技術や企画も含めて社内でずっと検討してきた。

 キャリアアグリゲーション(CA)や4×4 MIMOを導入することで、WiMAX 2+のシステム全体の容量を向上できる。ビット単価の低減につながり、月額4380円であれば、「ノーリミット」で提供できる道が見えてきた。最後は営業的な感覚で、今回の「月額4380円、データ通信量月間上限無し」というプランを打ち出したという経緯がある。

 7Gバイト制限は携帯電話事業者が作ったスタンダードだ。BWA事業者であるUQがそれにならうのは、“スピリット”に反するという思いが強かった。

 今回の新プランで、エリアやデバイス、料金など、ユーザー満足度の軸をすべて作り直す形になる。

2014年度は携帯電話事業者が新たな料金プランを打ち出したり、格安SIMがブームになったりするなど、モバイルの競争環境が大きく変わった。

 携帯電話事業者は「1Gバイト1000円」単位で、データを使えば使うほど料金が高くなるプランへと切り替えた。格安SIMのプランは、速度が速い場合はデータの利用量が少ない、データの利用量が多いと速度が遅いというジレンマがある。

 我々は同じ土俵に乗ってはいけないと考えた。あえて携帯電話事業者や格安SIMとは逆張りで、「ノーリミット」の王道プランを打ち出した。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら