au回線を使うMVNO(仮想移動体通信事業者)サービス「J:COM MOBILE」を2015年10月末から開始した、ケーブルテレビ事業者最大手のジュピターテレコム(J:COM)。MVNOサービス投入の狙いや、今春の電力小売り全面自由化に向けた戦略について、かじ取りを担う牧社長に聞いた。

J:COM MOBILEの反響は。

牧 俊夫 Toshio Maki
1955年生まれ。日本移動通信(IDO)、DDIを経て、2004年4月にKDDI au事業本部au商品企画本部長に就くなど携帯電話やブロードバンド事業担当を歴任する。2008年4月に中部テレコミュニケーション(CTC)社長に就任。2011年4月に執行役員としてKDDIに復帰。2013年3月にジュピターテレコム副社長に就き、会長職を経て2014年1月より現職。

 問い合わせの4分の1程度がJ:COMのサービスに加入していない新規ユーザーだ。J:COM MOBILEをきっかけに、当社の他のサービスに入りたいユーザーが想定よりも多い。実物を見たいという声が多いため、当社の営業全員に端末を持たせることを計画している。

 もともと当社のユーザーは年配層が多く、フィーチャーフォン率が高い。スマートフォンに移行できない層をターゲットに、J:COM MOBILEを開始した。年齢層は50~70代が中心。当初の想定通りだ。

J:COMのVOD(Video On Demand)サービスを見放題にした点も特徴だ。

 動画見放題の一般ユーザーへの認知はこれからだ。新しいCMでは動画見放題を前面に打ち出していく。これから反響が出てくるだろう。

 動画見放題を実現するために、どのようにビジネスモデルを成立させるのか。料金設定を慎重に進めた。

 テレビとインターネット、電話とセットにすると、競争力を持った価格設定ができる。インターネットのピークトラフィックは夜の10時から午前1時だが、VODのピークトラフィックはそれよりも前の時間帯だ。動画見放題の実現に向けては、このような点を考慮した。

 J:COM MOBILEをきっかけに、年配の方に外で動画を楽しんでもらったり、スマホを活用したりする契機になってほしい。若い世代にはJ:COMのコンテンツに触れるきっかけにもなってほしい。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら