Google Cloud Platform(GCP)の専業ベンダーとして2016年11月1日に設立したクラウドエースの吉積礼敏代表取締役。米グーグルのサービスに惚れ込み、GCPの東京リージョンが開設する以前からクラウドエースの親会社である吉積情報で、GCPを使った業務システムの構築サービスなどを提供してきた。同氏が惚れ込むのが、GCPのPaaS(プラットフォーム・アズ・ア・サービス)であるGoogle App Engine(GAE)だ。

(聞き手は広田 望=日経コンピュータ


クラウドエースの吉積礼敏代表取締役
[画像のクリックで拡大表示]

Google App Engine(GAE)の利点をどう評価しますか。

 開発したシステムを全て米グーグルが運用してくれることに尽きる。GAEの運用には、「Borg」と呼ばれるグーグルが開発したコンテナ技術が使われているという。システムへのアクセスが増えてきたら自動的にスケールする。万が一サーバーが壊れてシステムが止まっても、すぐに別のサーバー上にシステムが立ち上がる。設定項目はほとんどなく、全てBorgが自動で運用する。

 データベースの運用も全て自動だ。「Datastore」と呼ぶNoSQLのデータベースが設定せずにGAEから使える。ほかにも、システム構築に必要な機能が一通りそろっている。

 吉積情報が提供しているシングルサインオン機能を提供するSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)である「綱吉」はGAEで運用している。開発したのは6~7年前。これまでほとんど運用らしい作業をしていない。あえて運用作業を挙げれば、ログを保存し続けているぐらいだ。

2016年11月に東京GCPリージョンが開設して、同リージョンでGAEが動くようになりました。

 米国のデータセンターまでアクセスしていた時に比べて、遅延が大幅に改善した。実はアジアで東京より先に稼働していた台湾リージョンでGAEは使えない。アジアにGAEが来たのは今回が初めてだ。

 「日本にGAEを持って来い」と言い続けた甲斐があった。米国のGCPイベントに招待されるたびに、グーグルでGAEを担当しているエンジニアを捕まえて1時間ぐらい東京でサービス提供するように説得し続けた。東京にGAEがやってきたのは、自分のお陰だと自惚れている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら