[画像のクリックで拡大表示]

 TECH::CAMPは、「未経験者が1カ月でサービスを作れるようになること」を目指す短期集中型のプログラミング教育サービスだ。RubyのWebアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」(以下Rails)のコースが中心で、iOSアプリ開発のコースもある。TECH::CAMPを運営するdivの代表取締役である真子就有氏に、サービス開始の経緯などを聞いた。

(聞き手は大森 敏行=日経NETWORK


今はプログラミングを教える立場だが、自身がプログラミングを始めたのはいつか。

 プログラミングを始めたのは大学3年生のとき。ただ、サービスを作れる実力がつくまでに1年半くらいかかってしまった。最初は1人でやっていたので、ちょっと何かするたびにエラーが出てきて困った。これでは無理だと思って長期インターンシップに参加したが、現場のエンジニアは忙しく、なかなか質問できる雰囲気ではなかった。

それでプログラミング教育で起業したのか。

 いや。会社設立当初は違う事業を手掛けていた。divを設立したのは2012年3月。設立から2年半は、SNSやアプリ、コミュニティサービスといった、今とは別のことをしていた。これらは数万ユーザーまでは行くが、お金を稼げない。仕方なく開発受託で食いつないだ。社員とインターンを合わせて一時は10人以上いたが、2014年秋ごろには私とインターンの2人だけになってしまった。

 以前の当社のようにサービスを作っていたベンチャーは多かったが、うまくいったところは少ない。FacebookやLINEの事例は奇跡のようなものだ。確率を考えるとなかなか厳しい。

プログラミング教育サービスを始めたのはいつか。

 2014年11月だ。それまでのサービスがうまくいかなかったので、「ユーザーから直接お金を払ってもらうサービスをやりたい」と考えた。これから伸びる分野で自分が得意なことは何だろうと考え、「プログラミング教育」に思い至った。Railsを選んだのは、クックパッドやGitHubといった多くのベンチャーで使われているからだ。Rubyには勢いがある。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は登録月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら