銀行業界にクラウドの波が押し寄せている。三菱UFJフィナンシャル・グループは「Amazon Web Services(AWS)」を採用、クラウドファーストの方針を固めている。海外でも状況は同じだ。米最大手銀行から受注を勝ち取った米Treasure Dataでマーケティングを担当する田村清人氏は、企業内にAWSや「Microsoft Azure」が混在するマルチクラウド時代の到来を予想、チャンスを見出す。

(聞き手は岡部 一詩=日経FinTech)


米Treasure DataでVICE PRESIDENT OF MARKETINGを努める田村 清人 氏
[画像のクリックで拡大表示]

米国の金融機関は、クラウドをどうみなしているか。

 金融業界は変わりつつある。例を挙げるとすれば、米Capital One。リテールバンクの中で、先進技術の採用にかけてはパイオニア的存在の銀行だ。1990年代にデータ駆動型のマーケティングに取り組むなど、以前から先進的な取り組みで知られている。同行は、「Amazon Web Services(AWS)」を取り入れて、その上で内製化を進めている。

 銀行は今まで、多くを外部のツールやベンダーに依存してきた。その理由はタレント不足。能力のあるエンジニアが、銀行内にそれほどいなかったからだ。Capital Oneは、その状況を変え始めている。AWSのイベントで大規模なブースを出していたので理由を聞いてみると、「リクルーティングだ」という。これが彼らにとって、クラウドの良い所かもしれない。

 従来の銀行はシステムを独自開発していた。エンジニアを採用すれば、「当行のシステムを覚えて、開発してくれ」と言わざるを得ない。これは、エンジニアにとってはキャリア的な自殺に等しい。これではタレントは集まらない。しかし、新しいプロジェクトはAWSをベースに開発するという方針を採っていれば、「ファイナンス×AWS」「ファイナンス×クラウド」という切り口で新しいスキルセットが身につくと訴求できる。タレントが集まりやすくなり、人材の問題も解決しやすくなるだろう。

クラウドに積極的なのは、先進的な銀行に限られるか。

 クラウドの波は、金融業界全体に押し寄せている。米最大手銀行から最近、当社が提供するデータ収集ツール「Fluentd」を受注した。金融機関がFluentdエンタープライズ版を有償導入するのは初めてのことだ。

 この銀行は2016年中に、欧州エリアのIT基盤を全てAWSに移行しようとしていた。そのタイミングでログ収集基盤を標準化することになり、採用が決まった。Fluentdがちょうど「Cloud Native Computing Foundation(CNCF)」のトッププロジェクトになった時期だったことも、タイミングが良かったのかもしれない。

 金融業界に簡単に入り込めるとは最初から思っていないが、第一歩としては非常に良いものだ。データには流れがある。その入り口とも言えるデータ収集の分野で、当社のソリューションが選定されたことは意義深い。金融業界でクラウド化が進む中、当社も候補とみなされやすくなるはずだ。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら