米PTCのジェームズ・へプルマン社長兼CEOは、米ハーバード大学のマイケル・ポーター教授と共同で、DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー2016年1月号に「IoT時代の製造業」というタイトルの論文を発表した。同誌2015年4月号に掲載された「IoT時代の競争戦略」の続編に当たる。この続編で両氏は、IoT(モノのインターネット)は、製品開発や生産、マーケティング、メンテナンスなど、製造業のあらゆる部門に様々な変革をもたらすことを説いている。

 それを受けて、PTCジャパンはメディア向け論文勉強会を開いた。勉強会では、IoT分野に詳しいPTCジャパンのアッシャー・ガッバイSLMセグメントセールス/事業開発担当バイスプレジデントが最新論文の内容を解説した。それを踏まえて参加者と質疑応答を行った。その質疑応答のなかで、論文の内容を踏まえつつも、日本の製造業がIoTを取り込むポイントについて持論を展開した。

(聞き手は西村 崇=日経情報ストラテジー


[画像のクリックで拡大表示]
写真●PTCジャパンのアッシャー・ガッバイSLMセグメントセールス/事業開発担当バイスプレジデント

製造業が、製品のメンテナンス業務にIoTを適用すると、大きな成果が得られそうです。どういう点に注意したらメンテナンスサービス部門でIoTによる変革をうまく起こせると思いますか。

ガッバイ氏 当社では海外含め様々な製造業のIoT導入を支援しています。そこから見えてきたことは、単に自社製品にセンサーを組み込んだだけでは不十分だということです。第1ステップにすぎません。ではそこからデータを集めればよいかといえば、それもまだまだ。第2ステップです。

 IoT導入で成功している企業は、さらにもう1ステップ、踏み込んでいます。集めたデータを分析ツールにかけて、様々な知見を獲得。その知見を、日々の業務に直結させたり、意思決定につなげたりしています。この第3ステップに至らないと、成果は出ません。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら