TOPNetwork > 2019年のSDDCネットワークで注目すべき10項目(後)

Network

2019年のSDDCネットワークで注目すべき10項目(後)

2019/01/17

Mike Elgan Computerworld

 SDDCネットワークのパフォーマンス向上に関して、2019年に注目すべき10項目を見ていくことにしよう。

前回から続く)

アーキテクチャの選択肢

 プライベートクラウドやSDDCの実装を検討するITプロフェッショナルは、今後もおびただしい数のアーキテクチャの選択肢に直面することになる。完全に自動化したSDDCネットワークを展開するための明確な青写真はない。例えて言えば、新車を3つのモデルから選ぶことよりも、注文住宅を作ることにずっと似ている。ベンダーが用意しているアーキテクチャの選択肢もあるが、ホワイトボックススイッチと個別のネットワークOSベンダーを利用してSDDCネットワークを構築するという選択もある。2019年は、システムインテグレーターや大手ITベンダーが、自社のSDDCネットワークの選択肢に関して、これまで以上に規範を示すようになるだろう。

ネットワークセキュリティの統合

 セキュリティ侵害は毎週のように発生し、ニュースの報道が追いつかないほどだ。もちろん、表沙汰にならないセキュリティ侵害も数多く起きている。ネットワークセキュリティは、データセンターでいまだ解決に至っていない重要な問題だ。インターネット、IaaS、SaaSを広範囲に利用する状況が続く中、企業には徹底的な防御が不可欠だ。もはやセキュアな境界にすがることはできない。今後もデータセンターでファイアウォールや統合脅威管理(UTM)、アプリケーション・デリバリー・コントローラー(ADC)といったアプライアンスの利用は続くが、データセンターの内部セキュリティも欠かせない。いずれかのVMやコンテナでセキュリティ侵害が発生した場合に、「信頼」されているEast-Westトラフィックを通じて、データセンターの他のアプリケーションにも攻撃やアクセスの手が及ぶ恐れがある。

 ネットワークソフトウエアは、データセンターの重要資産のセグメント化や分離を図ったり、データトラフィックを監視して攻撃を識別したり、特定の脅威に対処するようにネットワークを変更したりといったことに対応している。2019年には、ネットワークソフトウエアのベンダーは、大半の企業が既に導入している各種ネットワークセキュリティシステムやITセキュリティシステムにSDDCネットワークの要素を統合できるような、広範囲にわたるセキュリティエコシステムを構築することが求められる。

↑ページ先頭へ