TOPマネジメント > ビジネスインテリジェンスが今後のデータ戦略で果たす役割は(下...

マネジメント

ビジネスインテリジェンスが今後のデータ戦略で果たす役割は(下)

2017/10/06

Mary K. Pratt CIO

 こうした新しいシステムは、ビジネスの最大化や最適化に関する疑問に答えを出すことで、意思決定の向上を支援しつつある。例えば、どのような顧客をターゲットにすべきか、どのようなプロモーションを実施するか、どのプロモーションを誰に向けて行うかといったことだ。

 「この市場に新たに参入して、従来のBIを超えるアナリティクスをマネージャーや現場社員向けに提供している企業はいくつかある」とBrahm氏は言う。こうしたツールは、例えばサプライチェーン、オペレーション、研究開発などの各領域でマネージャーが抱く疑問に対して、新しい手法やデータセットを使って、より包括的で優れた答えを提示しているとのことだ。

 テクノロジー企業は導入で先行する傾向にあり、機械学習やAIも含めて、アドバンストアナリティクスの機能をすでに取り入れているのは主にテクノロジー企業だ。

 Brahm氏によると、従来型の業界はそのあとを追っているが、そうした企業も、今後の成功に向けてアドバンストアナリティクスは決定的に重要だと考えている。Bainの調査では、企業リーダーの70%は、アドバンストアナリティクスとAIを上位の優先事項に据えている。

 「全員がこの方向を目指している」とBrahm氏は述べている。

(了)

翻訳:内山卓則=ニューズフロント
記事原文(英語)はこちら

↑ページ先頭へ