TOPマネジメント > エンタープライズアーキテクチャーのフレームワーク、TOGAF...

マネジメント

エンタープライズアーキテクチャーのフレームワーク、TOGAFとは(中)

2018/09/12

Sarah K. White CIO

 「The Open Group Architecture Framework(TOGAF)」は、エンタープライズアーキテクチャーに関する方法論の1つで、エンタープライズソフトウエアの開発に適用できる概略的なフレームワークだ。誤りの抑制、スケジュールや予算の堅持、IT部門と事業部門の連携を狙いとした体系的なアプローチを通じて、開発プロセスを構成し、質の高い成果を生み出すことができる。

前回から続く)

TOGAFの柱

 TOGAF 9.1では、各企業に向けた具体化を可能にするアーキテクチャー領域として、次の4つがある。

  • ビジネスアーキテクチャー:ビジネス戦略、ガバナンス、組織についての情報や、組織内の既存のプロセスを適合させる方法についての情報を含む。

  • アプリケーションアーキテクチャー:アプリケーションシステムの構成と展開の青写真を示し、ビジネス目標、他の組織的フレームワーク、中核的なすべてのビジネスプロセスに適合させる。

  • データアーキテクチャー:論理的および物理的なデータモデルをはじめ、組織のデータストレージ、マネジメント、メンテナンスを定義する。

  • テクニカルアーキテクチャー(テクノロジーアーキテクチャー):ビジネスアプリケーションの開発と展開に関与する、必要なハードウエア、ソフトウエア、ITインフラすべてについて記述する。

↑ページ先頭へ