TOPマネジメント > 大企業で導入が広がるシックスシグマとは(中)

マネジメント

大企業で導入が広がるシックスシグマとは(中)

2018/07/04

Sarah K. White CIO

 シックスシグマは、企業の品質マネジメント手法の1つだ。欠陥の発見と排除を通じて、現在のプロセス、製品、サービスを改善する。製造工程やビジネスプロセスの品質管理を合理化し、プロセス全体のばらつきをなくすことを目指す。

前回から続く)

DMAICとDMADVの違い

 DMAICとDMADVは一見似ているが、使いどころが異なる。DMAICは、既存のプロセスや製品が顧客のニーズを満たしていない場合、そのパフォーマンスが水準に達していない場合に使う。一方、新しい製品を開発する時や、プロセスを新たに構築する時、最適化した製品に依然として足りない部分がある時には、DMADVを使う。

↑ページ先頭へ