TOPマネジメント > IT部門のコラボレーションツール、社員に選択を任せるメリット...

マネジメント

IT部門のコラボレーションツール、社員に選択を任せるメリットは(下)

2018/06/01

Bruce Harpham CIO

 今回は、コラボレーションツールの選択に関してIT部門の自由度を高めることのメリットや、懸念に対処する方法について見ていこう。

前回から続く)

 次なる懸念はセキュリティだ。導入するソリューションは、機能的な要件だけでなく、プライバシー、コンプライアンス、セキュリティの要件を満たしている必要があるとPalm氏は言う。朗報なのは、多くのベンダーやアプリケーション開発元が、セキュリティへの懸念にいち早く反応しており、ツールの可用性とセキュリティを高められる点だと同氏は話す。

 「シャドーITの『やみ取引』のような状況をはびこらせるのはもちろん避けたい。災難に遭うのは目に見えている。だが、コラボレーションツールの大多数は、シームレスな機能、使いやすさ、必要なセキュリティ機能をうまく兼ね備えている」

↑ページ先頭へ