TOPアプリ/OS > AIの搭載でBIが賢く便利に(中)

アプリ/OS

AIの搭載でBIが賢く便利に(中)

2018/05/16

Maria Korolov CIO

AIの次なる一歩はセルフサービス

 「AIは民主化された」と、米調査会社Forrester Researchのバイスプレジデントで主席アナリストのBoris Evelson氏は言う。「最近までは、コードを書くデータサイエンティストが必要だった。現在では、この種のBIシステムを使って、いくつかのデータ要素をクリックし、例えば顧客の購買傾向など、予測したい変数を選択すれば、こうした予測モデルが自動的に生成される」

 以前なら、データサイエンスを専門とするプロフェッショナルが数カ月がかりでまとめ上げていた作業も、今では、データを理解してExcelを扱える担当者が数日で行えるという。

 「マーケターなら顧客の行動の予測と対処に、ビジネスマネージャーならリスクの把握と予測に、サプライチェーン担当者ならロジスティクスの把握と最適化に利用している」

 Forresterがグローバルな意思決定者を対象として実施した最近の調査では、AIテクノロジーのユースケースのトップ3の一角に、データ/アナリティクス/インサイトプラットフォームの強化が入った。米IBM、米Oracle、米Microsoftをはじめ、BIの大手ベンダー各社は、この分野に大きく力を入れている。

 機械学習の新しいモデルの準備が8時間で済むと聞いて、それでも長すぎると考える向きには、さらに簡単な選択肢も登場しつつある。近いうちに、典型的な種類の予測を自動で得たり、推奨事項を把握したりといったことが実現され、画像認識や自然言語処理の機能も内蔵するようになるはずだ。米Gartnerの予測によると、今後2年以内に、モダンBIプラットフォームの90%で自然言語生成やAIが標準の機能になる。

↑ページ先頭へ