TOPマネジメント > IT業界の年齢の壁をなくすには(後)

マネジメント

IT業界の年齢の壁をなくすには(後)

2016/11/02

Sharon Florentine CIO

 Mark Zuckerberg氏には不名誉な失言がある。若くて技術力があることが重要だと語り、「若者の方が賢い」と発言したというものだ。この発言で同氏は窮地に追い込まれた。読者の皆さんの中には、テクノロジーは若い世代に任せるのが一番だと考えている人もいれば、George Bernard Shaw風に、テクノロジーの本当の価値は若者には分からないと考えている人もいるだろう。しかしいずれにせよ、年齢が高くなるほど、テクノロジー業界で働き口を見つけるのが難しくなることには、疑いの余地はない。

前回から続く)

ネットワークを作る

 ネットワーク作りや職能団体も助けになる。志を同じくする仲間や友人と出会うことで、精神的な励ましや助言を得られるばかりか、仕事の機会を手にするきっかけにもなり得るとMcCormick氏は言う。

 「スキルを最新の状態に維持し、現状以外にどのような役割で自分のスキルを発揮できるかを探るには、ボランティア活動は素晴らしい方法の1つだ。できれば、バックグラウンド、民族、年齢層、性別/ジェンダーが自分とは異なるような仲間、友人、知り合いと共に活動できる団体や組織でボランティアをするとよい。自分の世界観が大きく広がるうえ、仕事の機会も得られるからだ」

↑ページ先頭へ