TOPマネジメント > 仕事上の実績を自慢臭さなしでアピールするための10のヒント(...

マネジメント

仕事上の実績を自慢臭さなしでアピールするための10のヒント(下)

2016/09/09

Sharon Florentine CIO

 ソーシャルメディアを中心として高度につながり合っている現代社会では、タブーの話題はあまりない。政治、時事問題、宗教についての感情や意見は言うに及ばず、食事、旅行、子供、ペット、身の回りの一大イベントなど、極めてプライベートな出来事について事細かにシェアすることですら、人々に躊躇はないようだ。だが、歯に衣着せず発言する人でも、口をつぐんでしまうように思える話題が1つある。それは、自らの仕事上の成功という話題だ。これは大きな問題である。

前回から続く)

自分の価値を数値化する

 あなたが会社に採用されたのは、あなたにかかるコストよりも、あなたが会社にもたらす価値の方が大きいと考えた人がいたからだとGillis氏は言う。あなたが会社に生み出した収益や、あなたが会社から削減したコストに関するデータで自己武装を図り、それを社員としての自らの価値に結び付けることを同氏は勧める。

 「私がかつて一緒に仕事をした給与担当者の例がある。この担当者は、会社に入って最初に行った処理で、6000件の給与小切手を1人で期限内に振り出し、返送はゼロだった。それだけの規模の小切手処理を誤りなく行うことが、どれだけのコスト削減になるか考えてみてほしい。これが価値だ」

↑ページ先頭へ