TOPセキュリティ > Windows 10、「更新プログラムのチェック」に要注意

セキュリティ

Windows 10、「更新プログラムのチェック」に要注意

2018/12/14

Mark Hachman PCWorld

 Windows 10のユーザーの中には、「Windows Insider Program」に参加して、プレビュー版の新機能を真っ先に試したいと考える、チャレンジ精神旺盛な人もいる。だが、それ以外の皆さんは、日々安定して使えるシステムで十分と思っていることだろう。

Credit: Mark Hachman / IDG

 そんな皆さんは、Windows 10の「設定」→「更新とセキュリティ」→「Windows Update」にある「更新プログラムのチェック」ボタンをみだりにクリックしてはいけない。OSの問題を修正するためのパッチを入手するつもりでも、期せずして、チャレンジャーの仲間入りをしてしまうかもしれない。

 米Microsoftの2018年12月10日付けの公式ブログ記事によると、月の3週目と4週目にリリースする更新プログラムは、同社の呼び名では「Cリリース」「Dリリース」というもので、自主的に更新プログラムを取得しようとしたユーザーに向けて配信する「プレビュー」リリースであるとのこと。つまり、この時期に「更新プログラムのチェック」ボタンを押すのは、新たな更新プログラムのテストに一回限り参加する意思を表明するのと、いわば同じようなものだ。

↑ページ先頭へ