TOPコンシューマIT > ビットコインによる脱税を調査、米国税当局が取引所に全利用者の...

コンシューマIT

ビットコインによる脱税を調査、米国税当局が取引所に全利用者の情報提出を要求

2016/11/22

Martyn Williams IDG News Service

 米内国歳入庁(IRS)は現地時間2016年11月17日、米カリフォルニア州サンフランシスコの連邦地方裁判所に対し、仮想通貨取引所大手の米Coinbaseから利用者情報の提出を受けるための裁判所命令を出すよう求める申し立てを行った。2013年初めから2015年末の期間にCoinbaseのサービスを利用した米国の全利用者の情報を提出することを同社に求めている。

Credit: IRS

 IRSは、裁判所への申し立て文書の中で、仮想通貨ビットコインを使った取引で得た収益を申告していない納税者がいないかどうか調査中だと説明している。ビットコインを標的にしているのは、数ある仮想通貨の中で最も広く使われているからだ。

 「IRSは、仮想通貨は資産だと認定している。したがって、米国の納税者は、仮想通貨の購入、売却、取引から課税対象所得を得ることがある。米国の納税者が、こうした取引で得た課税対象所得の確定と申告を適切に行っていない可能性が考えられる」とIRSは述べている。

 IRSは、米国の納税者に向けて2014年に発表した指針の中で、仮想通貨を使った取引で得た収益は申告の対象になると通達していた。Coinbaseの口座を使って脱税を試みた事例は実際に見つかっているとIRSは説明している。

↑ページ先頭へ