TOPアプリ/OS > Windows 10の大型アップデート、ストレージ容量不足の...

アプリ/OS

Windows 10の大型アップデート、ストレージ容量不足のエラーを防ぐには

2018/10/09

Mark Hachman PCWorld

 ストレージ容量が少ない旧型のパソコンやタブレットを使っている人は要注意だ。Windows 10の大型アップデート「October 2018 Update」を導入する前に不要なファイルを整理しておかないと、更新プログラムをインストールできない恐れがある。

Credit: Andrew Neel

 米Microsoftのサポート情報にもあるように、パソコンのストレージ容量が足りない場合、Windows 10の機能更新プログラムのダウンロードやインストールが繰り返し失敗する可能性がある。Microsoftの説明では、空き容量が十分かどうかの事前チェックに引っかかった場合には、不要なファイルを削除して必要な容量を確保するよう求めるメッセージが表示されるとのことだ。

 Microsoftは、October 2018 Updateのインストールに必要な容量を具体的に示していないが、更新を正しく行えるよう、システムメンテナンスを定期的に行うことを勧めている。例えば、不要な一時ファイルを削除したり、使わないファイルをクラウドストレージに移したりといった策だ。

↑ページ先頭へ