TOPアプリ/OS > 一部の企業でReact Native離れが始まる

アプリ/OS

一部の企業でReact Native離れが始まる

2018/08/20

Paul Krill InfoWorld

 モバイルアプリ開発のブレークスルーとして歓迎された米Facebookのフレームワーク「React Native」がつまずきを見せつつある。React Nativeを採用した企業の一部では、その利用を再考する動きが見られる。一方、Facebookは、React Nativeに修正を加える計画を打ち出している。

Credit: Ryan McGuire

 React Nativeは、Facebook自身のほか、米Uber、米Tesla、Facebook傘下のInstagramなどが採用してきた。米市場調査会社IDCは、2015年末に発表したレポートの中で、React Nativeはハイブリッド開発の新しい枠組みを提供し、開発者をWebViewコンポーネントから解放するものだとの見解を示していた。ネイティブなパフォーマンスを実現し、デバイスが本来備えているプラットフォームの能力をWeb開発者が生かせるとしたが、その一方で、React Nativeはまだ成熟していないという点も指摘していた。

一部企業がReact Native採用を見直し

 React Nativeは、JavaScript UIライブラリ「React」と同様のデザインにより、JavaScriptを使ってネイティブ表示のモバイルアプリを開発できる。だが、React Nativeを採用した企業の中には、同フレームワークに伴う問題から、利用を中止するところも出てきている。

↑ページ先頭へ