TOPアプリ/OS > Firefox、サイトとの偶然の出会いを促す実験的機能を公開...

アプリ/OS

Firefox、サイトとの偶然の出会いを促す実験的機能を公開

2018/08/10

Gregg Keizer Computerworld

 米Mozillaは、「Firefox」の実験的機能をユーザーに試用してもらう「Test Pilot」の拡張機能の1つとして、「Advance」を新たに公開した。閲覧中のページや過去の閲覧履歴に基づいて、お勧めのサイトやページをサイドバーに表示するなどの機能を持つ。

Credit: IDG

 FirefoxにAdvanceをインストールすると、ウィンドウの左側のサイドバーに、お勧めのサイトやページが表示されるようになる。このサイドバーは、「Read Next」「For You」という2つのセクションに分かれている。Read Nextセクションには、現在のタブで閲覧している内容にマッチすると判定されたページが表示され、For Youセクションには、ユーザーの閲覧履歴に基づくお勧めのページが表示される。

 Mozillaによると、Advanceは、Webブラウジングという行為を完全に実用本位で捉えるのではなく、セレンディピティ(偶然の出会い)を取り戻すという考えが背景にある。Advanceの公開について告知するMozillaの公式ブログ記事では次のように説明している。「Advanceは、Firefoxのルーツに立ち戻り、人々がWebサーフィンを始める糸口となった体験をよみがえらせる。当時、World Wide Webは未踏の地で、新しい話題やアイデアをネット上で自由気ままに見つけられた」

 お勧めのサイトやページを提示する処理には、米Googleの元エンジニア3人が立ち上げたスタートアップ、米Laserlikeのテクノロジーを利用している。「興味検索エンジン」とうたうLaserlikeは、ユーザーの閲覧履歴に基づいてお勧めを導き出す。Firefoxは、Advanceの拡張機能をインストールする前に、権限の許可について確認するダイアログボックスを表示し、ブラウザーからLaserlikeのサーバーにデータを送ることをユーザーに明確に認識させている。

↑ページ先頭へ