TOPマネジメント > Cisco、米サイバーセキュリティ企業を23億5000万ドル...

マネジメント

Cisco、米サイバーセキュリティ企業を23億5000万ドルで買収へ

2018/08/06

Michael Cooney Network World

 米Cisco Systemsは現地時間2018年8月2日、米サイバーセキュリティ企業Duo Securityを23億5000万ドルで買収する計画を発表した。

Credit: Getty Images

 Ciscoの説明によると、Duo Securityは、企業をサイバーセキュリティ侵害から保護するためのクラウドベースのソフトウエアソリューションを手がけている。ユーザーのアイデンティティやデバイスの状態を検証したうえでアプリケーションへのアクセスを認める手法を取り入れて、侵害やアカウント乗っ取りを防ぐ。

 Ciscoは、今回の買収で見込める効果として、次の3点を挙げている。

 ・Ciscoは現在、Cisco Identity Services Engine(ISE)製品を通じてオンプレミスのネットワークアクセス制御を提供している。今後、Cisco ISEにDuoのSaaSモデルを統合することで、クラウドベースのアプリケーションアクセス制御を実現する。

 ・Secure Internet Gateway(SIG)、Cloud Access Security Broker(CASB)、Enterprise Mobility Management(EMM)や、クラウドベースのその他のプロダクトなど、Ciscoの製品にDuoの技術を取り入れ、ユーザーやデバイスの信頼性を検証することで、確実なアイデンティティ把握を可能にする。

 ・1億8000万台以上のマネージドデバイスに対するCiscoの可視性を、モバイルデバイスやアンマネージドデバイスに対するDuoの広範な可視性で強化する。

↑ページ先頭へ