TOPアプリ/OS > Vodafone、世界各地に展開するITの監視をSplunk...

アプリ/OS

Vodafone、世界各地に展開するITの監視をSplunkで一元化

2018/07/05

Scott Carey Computerworld UK

 英Vodafone Groupは、同社が世界各地に展開しているITシステム監視やイベント管理を米Splunkの製品で一元化する取り組みを急ピッチで進めている。IT運用チームにとっては、ミッションクリティカルなアプリケーションの稼働率向上を期待できるほか、インシデントの予防に向けて機械学習機能をこれまで以上に活用できるようになる。

Credit: Splunk

 VodafoneのTechnology Shared Servicesグループでエンジニアリングおよびオペレーション担当シニアマネージャーを務めるLuke Bradley氏は、Splunkが英ロンドンで2018年6月28日に開催したイベント「SplunkLive! London」に登壇した。同氏は、「当社にとって、ITはますます、市場の中で差別化を図るためのメカニズムになりつつある」と語った。

 「通信企業というくくりは同じでも、その上で提供できるサービスが違いを生む。現在当社は、まさにデジタルトランスフォーメーションを進めている。そこで、アナリティクスとデータを活動の中心にきちんと据えるために、新たな要件が加わっている」

↑ページ先頭へ