TOPアプリ/OS > プライド・パレードをVRで体験、Googleがプロジェクトを...

アプリ/OS

プライド・パレードをVRで体験、Googleがプロジェクトを実施

2016/06/28

Sharon Gaudin Computerworld

 米Googleは、LGBTQ(レズビアン/ゲイ/バイセクシャル/トランスジェンダー/クィア)のプライド・パレードにやむなく参加できない人のために、VR(仮想現実)技術を使ってパレードを疑似体験できるようにする。

Credit: LumpyMayoBNI via Reddit

 Googleは、「#prideforeveryone」と称するプロジェクトを実施することを明らかにした。世界各地で開催されるプライド・パレードを撮影し、自宅のリビングでもVRヘッドセットを使って没入型の体験ができるというものだ。

 Googleは、同プロジェクトのWebページで、「プライドは、ありのままの自分、そして愛する人を祝福する場です」としたうえで、次のように述べている。「世界の70か国以上では、ゲイであることが犯罪です。法的な平等が認められている国においても、多くのLGBTQの人々が、ありのままの自分でいることへの差別や批判に直面しています。(中略)プライド・パレードに参加できない人たちにもプライドを届けましょう」

 VRデバイスを持っていない人も、テレビやオンラインストリーミングを通じてパレードの様子を見ることができる。

 Googleの幹部は、このプロジェクトを通じて、より没入感が高い体験をユーザーに届けられることを期待している。VRによる360度の映像とサラウンド音声で、本当にその場にいるかのような感覚が得られる。

 独立系アナリストのJeff Kagan氏は、このプロジェクトについて、GoogleのVR技術とそのユーザーエクスペリエンスにとって試金石の1つになると話す。

↑ページ先頭へ