TOPコンシューマIT > Logitech、ビデオ会議用カメラの新製品「Rally」を...

コンシューマIT

Logitech、ビデオ会議用カメラの新製品「Rally」を発表

2018/06/12

Imogen Hargreaves PC World Australia

 スイスLogitechは2018年6月6日、ビデオ会議用カメラの新製品「Logitech Rally」を発表した。高画質の映像と明瞭な音声によるビデオ会議を可能にする製品で、会議室の状況に合ったエクスペリエンスを実現する自動調整機能を備えるとしている。

Credit: Logitech

 Logitechのバイスプレジデントでビデオコラボレーショングループのゼネラルマネージャーを務めるScott Wharton氏は次のようにコメントしている。「Logitech RallyのようなハイレベルのAVシステムは、ほんの数年前なら5桁の費用がかかるのが普通だった」

 「今回登場したRallyシリーズは、モジュール型のハイエンドシステムで、USB接続のAVソリューションの水準を高める製品だ。しかも、出費は他のハイエンドシステムに比べて格段に少なくて済む」

 RallyのカメラはUltra HD 4Kで、広範囲のPTZ(パン/チルト/ズーム)機能や、同社の「RightSense」テクノロジーを搭載している。RightSenseテクノロジーは、ビデオ会議体験を高めるための自動調整機能だ。参加者一同が映像に収まるように撮影範囲を調整したり、表情がよく見えるように色や輝度を最適化したり、発言が明瞭に聞こえるように音声を調節したりする。

↑ページ先頭へ